Doorkeeper

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa

2013-06-29(土)10:00 - 21:30
+ 5人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
※9:30受付開始です。チケットの印刷は不要です。飲み物が必要な方は事前に購入の上お越しください。途中入室/退室可です。 ※駐車場がありませんので、公共の交通機関をご利用の上お越しください。■国際通りから徒歩5分 ■開南バス停から徒歩3分 ■那覇高校前バス停から徒歩2分

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ POStudy Day 2013 Spring in Okinawa 開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa 』では、
POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)にて
これまで1年半以上継続的に実施してきたワークショップのうち、
半年分のワークショップを1日でまとめて経験できるという場を
提供致します。

今回はAgile Japan 2011のKeynoteで紹介された
『Fearless Journey』を始め、ストーリーテリングの
『ストーリーを作る力、話す力、聞く力、実践』を
テーマとしたワークショップを行います。

前回に引き続き、今回も参加者同士の議論の時間や情報交換を
円滑に行えるようにするため、朝食・昼食共に会場よりご提供し、
より多くの交流が図れるようにしています。

「あのワークショップを1度はやってみたかった!」
「実は1回やってみたけど上手くいかなかったので、
 もう1度やってリベンジしたい!」
「最近プロダクトオーナーシップについて学び始めたばかりなので、
 もう1度再演して欲しかった!」
という方々には、今回が絶好のチャンスの場となります♪

多くの皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ タイムスケジュール(概要)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※当日の進行状況により、時間帯は前後する可能性があります。

09:30-『受付開始』
10:10-『Opening』
ご挨拶やお願い事項等について簡単に共有させて頂きます。
10:25-『体験!Fearless Journeyでパターンによる改善』
このワークショップでは、自分たちの現状と自分たちの目標のギャップに存在する障害や問題に対して、手元に配られた戦略カードを元に、チームのメンバー同士で障壁を取り除くための解決策を議論・合意していくことを繰り返していきます。
講師:関 満徳氏(第13回の再演)
12:35-お昼休み
14:15-『ストーリーテリング 〜概要〜』
「ストーリーテリング」について、簡単なワークショップを通して全体像を把握して頂きます。
講師:関 満徳氏(第7回 の再演)
15:25-『ストーリーテリング 〜ストーリーを作る〜』
「ストーリーを作る」方法のうち、UXストーリーに役立つストーリーの構造の1つである「英雄的構造」を作成するワークショップを実施します。
講師:関 満徳氏(第11回の再演)
19:00-『ストーリーテリング 〜よい聞き手になるための学習〜』
「ストーリーテリング」を題材として、「よい聞き手になるための学習」をテーマにワークショップを実施します。
私達の仕事の多くは、ユーザーの話を聞くことから始まります。ユーザーにとっての「あたりまえ」は話してもらえないことが多く、よい聞き手となって話を深く聞くことが必要です。
よい聞き手となるためには、練習が必要です。よい聞き手になる一つの方法に「アクティブリスニング」や「リアリーリスニング」と呼ばれるものがあります。
講師:関 満徳氏(第12回の再演)
20:40-『振り返り&ディスカッション』
1日を通して学んだこと・気づいたことについて振り返りを頂きます。また、振り返った内容についてディスカッションをすることで、新たな気づきや発見を得て頂きます。
21:20-『クロージング』

  • 途中入室/退室可です。
  • 進行の状況により、時間帯は前後する可能性があります。
  • 各ワークショップ間にも適度休憩を取ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 参加費
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 無料

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 懇親会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本イベント終了後に、有志による懇親会を開催致します。
参加費用は別料金となりますが、参加をご希望される方は、
当日受付までお申し出下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 注意事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 会場内の様子を撮影した写真が、運営スタッフや参加者から公開されるかもしれません。
    • 写真に写りたくない方への配慮を行いますので、ご協力よろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ POStudy(プロダクトオーナーシップ勉強会)のご紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在の日本のITサービス業界において、
プロダクトマネジメント」という分野が
欠落しているとも言われています。

例えばプロジェクトマネージャーは、
 「プロジェクトをマネジメントする
ことだけではなく、
 「プロダクトをマネジメントする
ことが必要で、それが世界標準とも言われていますが、
現状の日本では「プロダクトをマネジメントする」ことが
軽視されがちです。

  ※米国ではマーティ・ケイガンの「Inspired」が
   「プロダクトマネジメント」分野のバイブルとも言われて
   いますが、日本では正式には出版されませんでした。
  ※iPhoneアプリとしてはこっそりリリースしています。
   【参考】Inspired日本語版 http://inspiredjp.com/

ITサービス業界におけるプロダクトのライフサイクル
 「企画立案」~「サービスの設計」~「仕様の設計」
   ~「ソースコードの設計」~「継続的な改善」
において「プロダクトをマネジメントする」には、
プロダクトオーナーシップ」を発揮することこそが、
非常に重要だと考えています。

POStudyでは、いかに「プロダクトオーナーシップ」を発揮するかについて、
普段の生活や仕事を通して自己成長を重ねていく為のヒントを、
オフラインおよびオンラインの両方のチャネルを通して提供していきます。

【オフライン】東京・沖縄を中心にワークショップ形式の勉強会を開催していきます。
【オンライン】ワークショップを中心とした動画コンテンツを配信していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ POStudyの公式サイト・ハッシュタグ・Facebookグループ・Twitter
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
POStudyの公式サイトでは、過去の資料や今後の予定等を公開しています。
* http://www.postudy.com/

POStudyのハッシュタグは、
* #postudy
です。

POStudyのFacebookグループでは、
次回の開催情報の提供や、勉強会の参加者との交流の場を提供しています。
* https://www.facebook.com/groups/postudy/

POStudyはTwitterによる情報発信も行なっています。
* https://twitter.com/postudysmile/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ POStudy 開催日程一覧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以下の日程にて、2週間〜4週間おきの金曜日に開催していく予定です。
※途中で変更が入る可能性があります。ご了承下さい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 協賛スポンサー様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 01Startup.LLC(http://01startup.com/)
* 有限会社Studio LJ
* 株式会社レキサス(http://www.lexues.co.jp/)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 問い合わせ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

POStudy Day 2013 Spring in Okinawa 実行委員長:関 満徳@fullvirtue
連絡先:fullvirtue@gmail.com
事務局:01Startup.LLC

コミュニティについて

POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~

POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~

■ POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~ のご紹介 アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだプロダクトマネジメントについて、 もっと探究したいプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為のコミュニティです。 チャネル URL 公式サイト http://www.postudy.com/ 過去の資料や今後の予定等を公開しています。 Slack ht...

メンバーになる