58628 normal 1489138654 postudy20170407 doorkeeper

[POStudyナイトセミナー][出版記念イベント]ビジネス企画からプロダクトバックログに落とすための匠Method活用術 ~価値デザインからユーザーストーリーを考える~ 【2017/04/07(金)】

2017-04-07(金)19:00 - 22:30

グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-1 (新宿ロイヤルビル3階 グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe)

Takanori Suzuki 田中憲佑 gakkiy Koichi Saito + 3人の参加者
申し込む
あと53人参加できます。
匠Method: 〜新たな価値観でプロジェクトをデザインするために〜 【書籍・サインつき】
5,000円 前払い
5,500円 会場払い
匠Method: 〜新たな価値観でプロジェクトをデザインするために〜 【書籍なし】
3,000円 前払い
3,500円 会場払い
請求書+銀行振込[法人のみ]【書籍・サインつき】
6,000円 会場払い
※1.請求書チケットの横に「会場払い」という表示がありますが、DoorKeeperの仕様上、会場払いの文言を他の変更にできないため残っているだけです。無視してください。 ※2.請求書は、お申し込み時のメールアドレス宛に、メールにて送付いたします。 ※3.領収証は受付時にお渡しいたします。 ※4.費用には、消費税、DoorKeeper/Paypal/Stripe手数料、ワークショップ材料費等を含みます。

■ [POStudyナイトセミナー][出版記念イベント]ビジネス企画からプロダクトバックログに落とすための匠Method活用術 ~価値デザインからユーザーストーリーを考える~ 開催概要

匠Method ~新たな価値観でプロジェクトをデザインするために~』が2017/1/20に匠BusinessPlaceより出版されたことを記念して、POStudy主宰でワークショップイベント(書籍つき)を開催いたします。

匠Methodはビジネス企画を価値の視点で行い、それをシームレスに、かつ、スピーディにプロダクトまで落とし込むことができる手法です。ビジネス企画をプロダクトまでどのように落としていくべきか、きちんと落とし込めているか不安だ、といったご相談がよくあります。当日はワークショップを通して、価値のデザインの重要性を体感していただくと同時にプロダクトまでの落とし込み方をご説明します。

匠Methodを知って試したいと思っていた方は、この機会に匠Methodの価値のデザインの世界を体験してみませんか?冒頭で匠Methodの概要を説明しますので、はじめての方でもお気軽に参加することができます。

皆で楽しみながら価値のデザインを体感しましょう!

お子様の休憩場所も用意しております(会場後方にあるソファ・こたつスペース)。

■ こんな方はぜひお越しください

  • 顧客開発や事業戦略について課題をお持ちの方
  • 企画、マーケティングを担当している方、もしくはこれから関わる方
  • 顧客ニーズに対する提案の機会がある方、もしくはこれから関わる方
  • 開発だけでなく、ビジネスにも取り組んでいきたい方
  • 新規事業に関わっている方、もしくはこれから関わる方
  • スタートアップを実際に行っている方、もしくはこれから関わる方
企画名[POStudyナイトセミナー][出版記念イベント]ビジネス企画からプロダクトバックログに落とすための匠Method活用術 ~価値デザインからユーザーストーリーを考える~
開催日時2017/04/07(金) 19:00-22:30
開催場所〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-1 (新宿ロイヤルビル3階 グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe)
参加対象IT関連企業、ユーザー企業に所属されるソフトウェア開発のプロダクトマネージャー、プロダクトオーナーの方
申込URLhttps://postudy.doorkeeper.jp/events/58628
主催POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~
共催株式会社匠BusinessPlace
事務局ビバーチェプラス合同会社

■ タイムテーブル

タイムテーブルは一部調整中です 🙏🏻
時刻や内容に変更が入る可能性があります。ご了承ください。
時間Room A
ハッシュタグ#postudy
18:00 - 18:30設営
18:30 - 19:00受付
19:00 - 19:05[#A1]
開会のご挨拶/開催趣旨』(5分)

関 満徳 氏
POStudy 主宰
19:05 - 20:05[#A2]
ビジネス企画からプロダクトバックログに落とすための匠メソッド活用術
~価値デザインからユーザーストーリーを考える~
』(60分)

萩本 順三 氏
株式会社匠BusinessPlace 代表取締役社長
20:05 - 20:15休憩(10分)
20:15 - 21:55[グループワークショップ][#A3]
価値デザインモデル~価値分析モデル』(100分)

萩本 順三 氏
株式会社匠BusinessPlace 代表取締役社長

株式会社匠BusinessPlace 社員一同
21:55 - 22:15[グループワークショップ][#A4]
成果発表』(20分)

萩本 順三 氏
株式会社匠BusinessPlace 代表取締役社長
22:15 - 22:25[グループワークショップ][#A5]
ふりかえり&ディスカッション』(10分)

関 満徳 氏
POStudy 主宰
22:25 - 22:30[#A6]
クロージング』(5分)

関 満徳 氏
POStudy 主宰
22:30 - 23:30[#A7]
ネットワーキングパーティー』(60分)
アルコール・ソフトドリンク・軽食をご用意いたします。お時間のある方はご参加ください。

■ お願い事項

  • 大きなシャッター音は、スピーカーの話に集中する環境を壊しがちのため、禁止といたします。撮影する場合は無音カメラを使うなど、周囲への配慮をお願いいたします。
  • 受付時に、お名刺2枚ご用意ください。

■ ファシリテーター


萩本 順三 氏
株式会社匠BusinessPlace 代表取締役社長
1997年 オブジェクト指向開発方法論Dropを自ら作成して一般公開、開発で活用し始めた頃から自分の天職はメソドロジストであることを強く意識し始め、次はビジネスのメソッドを作ることを考えていました。2000年に仲間と豆蔵を立ち上げ、要求開発方法論(Openthology 0.6)の初版を書き下ろし、その後要求開発アライアンスメンバーと共に書籍「要求開発(日経BP)」にて要求開発方法論(Openthology 1.0)を公開しました。
2008年 新たに匠BusinessPlaceを起業し、要求開発をベースとして、ビジネス企画メソッド「匠メソッド」を作りあげ、価値のデザインから要求を導き出し活動につなげる手法として継続的に進化させ、ビジネス企画、製品企画、業務改革、プロジェクトデザイン、部門デザイン、キャリアデザインなどのコンサルティング・教育活動を通して匠メソッドの活用領域を広げてきました。



関 満徳 氏
グロースエクスパートナーズ株式会社 ITアーキテクト
Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies
ITサービス開発全般のコンサルティング、開発、運用を一括して手掛けながら、「顧客価値の創造」と「持続可能な仕組み創り」をテーマとしたアジャイル・プロダクトマネジメントのワークショップデザインを数多く実施。全国各地でファシリテーターとしても活躍。


■ POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~ のご紹介

アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだプロダクトマネジメントについて、
もっと探究したいプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為のコミュニティです。

チャネル URL
公式サイト http://www.postudy.com/
過去の資料や今後の予定等を公開しています。
Slack https://postudyslack.herokuapp.com/
POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~ の Slack です。
Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/postudy/
次回の開催情報の提供や、勉強会の参加者との交流の場を提供しています。
Twitter https://twitter.com/postudysmile/
ハッシュタグ #postudy

■ 問い合わせ先

POStudy 主宰 : 関 満徳@fullvirtue
連絡先 : fullvirtue@vivaceplus.com

■ 会場へのアクセス

東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅 C12出口より徒歩2分のところにある、 新宿ロイヤルビル3F 『G's LounGe』にて行います。 正面玄関は21時以降は施錠されてしまいますので、ご注意ください。

コミュニティについて
POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~

POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~

■ POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~ のご紹介 アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだプロダクトマネジメントについて、 もっと探究したいプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為のコミュニティです。 チャネル URL 公式サイト http://www.postudy.com/ 過去の資料や今後の予定等を公開しています。 Slack ht...続きを読む

コミュニティに参加