Doorkeeper

[有楽町開催][6時間半で学ぶ]プロダクト企画・開発のための「プロダクトマネジメント」実践ワークショップ講座【2019/08/19(月)】

2019-08-19(月)10:00 - 17:30

株式会社 FiNC Technologies 7F 大ホール

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目12-1 (新有楽町ビル 7F)

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

クレジットカード払い(領収証はマイページより発行・印刷いただけます)
43,200円 前払い
現金払い(領収証は会場受付時にお渡しいたします)
43,200円 会場払い
請求書払い(貴社会計基準に従い請求期日までにお振込みをお願いいたします。)右側に記載されている会場払いの文言は無視してください。
43,200円 会場払い
受付開始は 9:40 です。飲み物はご購入の上、お越しください。

18人の参加者

すべて見る
18人のアカウント非公開の参加者

詳細

■ [6時間半で学ぶ]プロダクト企画・開発のための「プロダクトマネジメント」実践ワークショップ講座

情報社会と創造社会が混在する今、IT技術を活用したプロダクトやサービスの企画・開発の難易度はますます上がり、下記のような課題が顕著になってきています。
[1] テクノロジーの発達や進化が早くキャッチアップが難しい
[2] たとえ最先端のテクノロジーを活用したソリューションを発見・構築・実現したとしても、その価値が伝わらなければ普及しない
[3] 一部のマネジメント手法に偏ると、プロダクト、従業員、顧客、ブランド、のそれぞれの価値に対するマネジメントに偏りが出る

そこで本セミナーでは、プロダクト企画・開発に関わる方々を対象に、そもそもプロダクトとは何か、プロダクトをマネジメントするとは何か、について概説します。その後、情報社会におけるプロダクト企画、創造社会におけるプロダクト企画の両方を、グループディスカッションを含むワークショップ形式で実践し、アウトプットを出していきます。

■ 対象受講者(職種・お持ちの課題)

・プロダクトオーナー/プロダクトマネージャー/プロダクト責任者
・プロダクトデザイナー/マーケティング/企画担当
・エンジニア
・プロダクトのマネジメントに課題感をお持ちの方
・プロダクト企画に課題感をお持ちの方
・スキルアップを目指したい方

※ プロダクト責任者とは、ここでは、一般的なプロダクトマネージャーやスクラムのプロダクトオーナーの両方を含みます。

■ 本講座で得られるもの

・人とプロダクトの関係についてわかる
・プロダクトマネジメントのポイントについてわかる
・情報社会や創造社会におけるプロダクト企画のプロセスやポイントがわかる
・情報社会や創造社会におけるプロダクト企画のプロセスを体験できる

■ 実施の様子

※写真は、株式会社 FiNC Technologies 様 Facebookより提供いただきました。

■ 開催概要

企画名[6時間半で学ぶ]プロダクト企画・開発のための「プロダクトマネジメント」実践ワークショップ講座
開催日時/申込URL※各回ともに同一内容です。
#01 2019/07/12(金)10:00-17:30 https://postudy.doorkeeper.jp/events/96156
#02 2019/08/19(月)10:00-17:30 https://postudy.doorkeeper.jp/events/96325
#03 2019/09/11(水)10:00-17:30 https://postudy.doorkeeper.jp/events/96326
#04 2019/10/09(水)10:00-17:30 https://postudy.doorkeeper.jp/events/96327
#05 2019/11/21(木)10:00-17:30 https://postudy.doorkeeper.jp/events/96324
開催場所〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目12-1 (新有楽町ビル 7F 株式会社 FiNC Technologies 7F 大ホール)
参加対象・プロダクトオーナー/プロダクトマネージャー/プロダクト責任者
・プロダクトデザイナー/マーケティング/企画担当
・エンジニア
主催POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~
共催 株式会社 FiNC Technologies
事務局ビバーチェプラス合同会社

■ タイムテーブル/コース内容

時間7F 大ホール
ハッシュタグ#postudy
09:00 - 09:40設営
09:40 - 10:00受付
10:00 - 10:05[#A1]
開会のご挨拶/開催趣旨』(5分)

関 満徳 氏
POStudy 主宰
10:05 - 10:55[講演] [#A2]
プロダクトについてふりかえる』(50分)
IT技術を活用したプロダクトやサービスの分野において、これからアジャイルソフトウェア開発におけるプロダクトオーナーを目指す方向けに、そもそもプロダクトとはなにかについてふりかえります。その上で、私たちは何を創ろうとしているのかについて、整理・再考するきっかけとしていただければ幸いです。

関 満徳 氏
POStudy 主宰
10:55 - 11:05休憩
11:05 - 11:55[講演] [#A3]
プロダクトをマネジメントする』(50分)
プロダクト・サービスとして価値を届けるために「プロダクト責任者」が主導するプロセスと役割について理解します。

関 満徳 氏
POStudy 主宰
11:55 - 13:00お昼休み
13:00 - 15:00[グループワークショップ][#A4]
Society 4.0 情報社会における課題解決×価値創造』(120分)
サービスサイエンスで定義した顧客の事前期待とサービス品質について概説した後、ワークショップ形式で価値について考えていきます。

関 満徳 氏
POStudy 主宰
15:00 - 15:10休憩
15:10 - 17:10[グループワークショップ][#A5]
Society 5.0 創造社会における課題解決×価値創造』(120分)
価値創造を行うための手法(匠Method)における価値デザインモデルと価値分析モデルについて概説した後、ワークショップ形式で価値について考えていきます。

関 満徳 氏
POStudy 主宰
17:10 - 17:20[個人ワークショップ][#A3]
ふりかえり』(10分)

関 満徳 氏
POStudy 主宰
17:20 - 17:30まとめ
18:00完全撤収

■ お願い事項

  • 大きなシャッター音は、スピーカーの話に集中する環境を壊しがちのため、禁止といたします。撮影する場合は無音カメラを使うなど、周囲への配慮をお願いいたします。

■ ファシリテーター/講師


関 満徳 氏
グロース・アーキテクチャ&チームス株式会社
プロダクトオーナー支援スペシャリスト

プロダクトマネージャー・カンファレンス実行委員長
ITサービス開発のコンサルティング、開発、運用を一貫して手掛けながら、「顧客価値の創造」と「持続可能な仕組み創り」をテーマとしたアジャイル・プロダクトマネジメントのワークショップデザインを数多く実施。全国各地でファシリテーターとしても活躍。


■ 参加者の声

このセミナーはエンジニア、デザイナー、プランナーなどと日々プロダクト作り・サービス改善に励んでいる「新米プロダクトマネジャー」にもおすすめです。
IT系の会社で働き始めたばかりの人や、新卒でIT系の会社に入ったばかりの人にとって、慣れないことは多く、やり方を覚えていくのに必死だと思います。覚えていくとそれが自分の当たり前になっていくことと思います。
しかし、Society 5.0(わからない人はセミナーを聞いてみてください)の世界では過去のやり方や良いとされる本の内容が必ずしも良いとは限りません。何が自分のプロダクトの成長に繋がるのか、何が成長を阻害しているのかを考え、それにあった工夫をしていくことが必要です。このセミナーを受けると以上のような気付きを得て、更に実践練習をすることができるかと思います。
(佐々木 美和 - 株式会社FiNC Technologies アプリ プランナー)


「これからの社会は、自らの手で、価値・プロダクトを創造しないと生き残れない。」そういった危機感を持っている方はぜひ参加してみてください。0から学ぶ人でも、実務経験があり壁にぶつかっている人でも、すぐに使える内容が盛りだくさんです。
(岡本 勇樹 - 株式会社FiNC Technologies デザイナー)


プロダクトオーナーとしての仕事の9割が間違っていたんだとわかりました!最先端の事例が豊富で、理論を実践に移せる唯一の場所です!ダイナミックかつ包括的な切り口で、プロダクトオーナーの役割の全貌が明らかになります!
(重村 - 株式会社FiNC Technologies プロダクトマネージャー)


朝起きた時にはSociety 4.0だった僕が、講義の後にはSociety 5.0になるための全てが詰まってました!!なぜ今の日本の開発思想が間違っているのかという歴史から始まり、最終的にはSociety 5.0の時代におけるプロダクトマネージャーのワークショップまで、幅広く内容の濃い6時間半でした。
(佐藤 卓 - 株式会社FiNC Technologies プロダクトマネージャー)


プロダクトマネージャーとして知っておくべき知識を1日で体系的に学ぶことができます。また、実際のケーススタディや、与えられたワークをこなすことで、それらの知識をより立体的なものとして取得できました。
(Taichi.Y - 株式会社FiNC Technologies プロダクトマネージャー)


ネクストユニコーン FiNC Technologies 推薦!プロダクトマネージメントについて、体系的かつ科学的に学ぶことができます。現在プロダクトマネージャーの人、プロダクトマネージャーになりたい人にエンジニア、デザイナー、プランナーなどにもおすすめです。
(田中 漱哉 - 株式会社FiNC Technologies プロダクトマネージャー)


プロダクトオーナーとは?組織の最適な開発体制は?顧客満足をどう科学するか?世界中のプロダクトマネージメント手法を解析した講師が、Best Practice を6時間半で徹底解説してくれます。
久保田アレクサンダー - 株式会社FiNC Technologies プロダクトマネージャー 兼 海外戦略担当


自社のプロダクトの役割、価値を体系的に整理する方法を学べました。また、そこから出た課題に対してのアプローチを今後変化する社会に照らしながら考えるためのフレームワークを学ぶことができました。
ロジカルシンキングが苦手で情報整理が苦手な自分でもわかりやすかったです!まず、いったほうがいいと思います!
濱田 - 株式会社FiNC Technologies アプリ プランナー

■ 請求書払いについて

  1. DoorKeeper上で、請求書払いにてお申し込み
  2. メールにて請求書を送付
  3. 支払期限までにお支払い

ただし、会社の会計ルール上、支払期限に経理処理が間に合わない場合、
事前に事務局宛に振込予定日をメールでご連絡いただいた場合のみ、
入場可能とさせていただきます。

※同一会社内の複数人の申込に対して、請求書を1枚にまとめて発行したほうが
都合がよい場合は、お申し込み時にその旨ご記載ください。

■ 領収証発行方法

領収証が必要な方は、お手数お掛け致しますが、ご自身で発行・印刷いただければと存じます。領収証の宛先設定および発行手順につきましては、以下をご参照ください。

■ POStudy ~アジャイル・プロダクトマネジメント研究会~ のご紹介

アジャイルやDevOpsの時代の流れを汲んだプロダクトマネジメントについて、
もっと探究したいプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの為のコミュニティです。

チャネル URL
公式サイト http://www.postudy.com/
過去の資料や今後の予定等を公開しています。
Slack https://postudyslack.herokuapp.com/
POStudy の Slack です。
Facebookページ https://www.facebook.com/postudy/
今後の予定等を公開しています。
Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/postudy/
研究会の参加者との交流の場を提供しています。
Twitter https://twitter.com/postudysmile/
ハッシュタグ #postudy
Googleカレンダー https://goo.gl/JuQzky
資料公開先 http://slideshare.net/fullvirtue/
Note https://note.mu/postudy

■ 問い合わせ先

POStudy 主宰 : 関 満徳@fullvirtue
連絡先 : fullvirtue@vivaceplus.com

■ 入館方法について

  1. 新有楽町ビルに入っていただき、エレベーターで7Fまで上がってください。
  2. 7F のフロアマップをご確認いただき、「728 株式会社 FiNC Technologies」までお越しください。

コミュニティについて

POStudy - プロダクトオーナーシップ研究会 -

POStudy - プロダクトオーナーシップ研究会 -

■ POStudy - プロダクトオーナーシップ研究会 - のご紹介 顧客を熱狂させる製品を生み出すプロダクトマネジメントの原則を理解し、テクニックを学び、実践していくためのコミュニティです。 現役のプロダクトマネージャーやプロダクトオーナーはもとより、プロダクトマネジメントを学びたいエンジニアやデザイナー、経営者の皆さまのご参加を心よりお待ちしております! ・どのように組織を構成し ...

メンバーになる